南関あげができるまで

南関あげはこうしてつくられている!

塩山食品ではすべて手作業で一枚一枚、丁寧に南関あげを揚げています。材料に使用する豆腐は、複数の大豆を独自にブレンドしたもの。自社で開発したオリジナルカッターで、美味しさが引き立つ厚みにカットし、プレス機で圧縮して脱水します。揚げ油にヘルシーなキャノーラ油を使用して、二度揚げをします。

パリッとした食感とふっくらした食感の2つの味わいを楽しめるのは、当社ならではの製法によるもの。当社は大牟田からも近い、玉名郡南関町にある南関あげの老舗企業です。ぜひ、当社の南関あげの美味しさをご賞味ください。

製造過程のご紹介

  • ①大豆
    独自のブレンドで大豆を配合し一晩浸漬します。
  • ②豆乳製造
    豆腐プラントで豆乳をつくります。
  • ③豆腐製造
    凝固剤を入れて凝固させた豆乳を型に入れてプレスし成型します。
  • ④豆腐冷却
    出来上がった豆腐を水槽に入れて冷却します。
  • ⑤豆腐スライス
    冷えた豆腐を5~6㎜の厚みにスライスします。
  • ⑥プレス準備
    スライスした豆腐を布の上に並べプレスする準備をします。
  • ⑦プレス
    スライスした豆腐を約1時間プレスして水分を抜きます。
  • ⑧プレス後の豆腐
    薄く硬い豆腐になります。
  • ⑨揚げ
    低温と高温のフライヤーで1枚1枚手揚げします。
  • ⑩揚げたて
    生地は約4倍に広がりとても大きなサイズに揚がります。
  • ⑪選別・カット
    揚がり不良などを取り除き、様々なサイズにカットします。
  • ⑫包装
    計量し包装します。
  • ⑬検査
    金属探知機とウェイトチェッカーで異物、重量を検査して完成です。
  • ⑭完成
    この美味しさを味わってください!
0120-20-1134
お問い合わせはこちら
楽天ショップはこちら