製造風景

塩山食品の南関あげはこうして作っています!

塩山食品の南関(なんかん)あげは、すべて手作業で揚げています。
いつでも美味しいあげを作るために、複数の大豆を独自にブレンドした豆腐を使用。
豆腐は自社で開発したオリジナルカッターでいちばん美味しい厚みにカットし、プレス機で脱水します。
また、揚げ油はヘルシーなキャノーラ油を使用しており、
カラッと揚がりつつ、まろやかな味わいに仕上げています。

低温で豆腐を広げながら揚げたあと、高温の油に移してパリッと揚げる。
この二度揚げによっって、パリっとした食感ともちっとひきのある食感の2つの味わいが楽しめます。
ほかのあげとは違う、当社ならではの南関あげをぜひご賞味ください。

製造風景

南関あげ製造工程

大豆

イメージ

独自のブレンドで大豆を配合し一晩浸漬します。

豆乳製造

イメージ

豆乳プラントで豆乳を作ります。

豆腐製造

イメージ

凝固剤を入れて凝固させた豆乳を型に入れてプレスし成形します。

プレス

イメージ

スライスした豆腐を約50分プレスして水分を抜きます。

豆腐スライス

イメージ

冷却が終わった豆腐を厚さ約5㎜にスライスします。

豆腐

イメージ

出来上がった豆腐を水槽に入れて冷却します。

プレス後の豆腐

イメージ

薄く硬い豆腐になります

揚げ工程

イメージ

低温と高温の油で1枚1枚手揚げします。

出来上がり

イメージ

揚がったあげを様々な大きさに切り分けて商品にします。